TOPページへたいこ判シリーズの紹介ページへ光合成を盛んにするメカニズムについてのページへ光合成たいこ判を使用したミネラル農法についてのページへ光合成たいこ判を使用したミネラル農法についてのページへお客様の声を紹介しています研究施設の紹介ですお問合せはこちらのフォームをご利用下さいご注文はこちらのフォームをご利用下さい
技術資料3

大地からの贈り物『光合成たいこ判』でのミネラル農法

有機無(減)農薬栽培は、米であれ野菜であれ高価です。有機栽培農業は「テマ・ヒマかかって大変」です。その上、収穫量も低いとなれば高価なのもやむを得ません。
『光合成たいこ判』でのミネラル農法栽培は、営農家夫々の慣行農業に微量元素の溶液を葉面潅水(散布)することで、高品質・高収量・高収益と減化学資材を可能とする「らくらく農法です」。
『光合成たいこ判』でのミネラル農法は、営農収益をアップすると共に作る人の安全・食べる人の安心をバックアップします。
水耕栽培ほうれん草成分比較
植物は光合成(糖を作る)することで、はじめて多様な化学反応により有機物を合成する。その大半は酸化・還元反応で微量元素(要素)が触媒(酵素)として働くことで可能になる。